塗る日焼け止めと飲む日焼け止めサプリの違い

近年、紫外線対策として飲む日焼け止めサプリを使用する人が増えているようです。

テレビ番組で取り上げられた影響などもあり、その人気はますます上昇傾向にあります。

そこで、ここでは塗るタイプの日焼け止めと飲む日焼け止めサプリの違いについて簡単に説明していこうと思います。

塗るタイプの日焼け止めと飲む日焼け止めサプリの違いを簡単に表現するなら、体の外側で紫外線をシャットアウトするか、体の内側で紫外線から受けたお肌のダメージを軽減するかの違いといえます。

これだけ聞くと、体の外側でシャットアウトしてお肌にダメージを与えない塗るタイプの方が良いのではないかと感じるかもしれませんが、飲む日焼け止めサプリには塗るタイプには無い様々なメリットもあるのです。

たとえば、汗で流れ落ちないので塗りなおしの必要が無い、塗りむらや塗り忘れが無く体中に効果がある、敏感肌の人も肌荒れする心配が無いなどです。

このように飲む日焼け止めサプリには様々な利点があるのですが、紫外線対策として最も効果を期待するのであれば、塗るタイプの日焼け止めと飲む日焼け止めサプリを併用することが理想的です。

体の外側において紫外線をシャットし、シャットし切れなかった紫外線によるダメージを体内で軽減するという二重の対策により、紫外線からお肌をしっかりと守ることができるのです。

飲む日焼け止めサプリと実際より若く見せられるメリット

実年齢よりも若く見せたいという願望は、多くの方々がお考えです。

とても若く見える女性が居て、ちょっと年齢を尋ねてみると、たまに驚くケースもあるでしょう。

美容に気を使う方々などは、実年齢よりもかなり若く見えるケースも多々ある訳です。

例えば30代に見える方に対して、ちょっと年齢を尋ねてみたとしましょう。

それでその方から帰ってきた答えが、40代などと聞くケースもある訳です。

なぜ上記のような年齢差などが生じるかと言うと、紫外線に関する影響などがあります。

そもそもあまり多くの紫外線を浴びてしまいますと、老けて見えてしまうケースも多いのですね。

加齢が進行してしまうからです。

ではどうすれば上記のように、30代に見せることが可能かと言うと、飲む日焼け止めなどを検討してみると良いでしょう。

そのサプリの中には、美肌に関連する様々な成分が入っています。

現にそのサプリを服用した方々は、今までにWEB媒体を用いて、様々な口コミを投稿しています。

それを確認してみる限りでは、シミなどに関する問題解決の話が、とても多く投稿されています。

今までに比べると、肌の色は位が変わってきたという話も非常に多いですね。

ですので実年齢より若く見せたい時などは、サプリを検討してみるのも一法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です